勃起障害治療・陰圧式勃起補助器具

vcd式カンキ

勃起補助器具と言われる様々な器具は、その原型は相当古くからあったようですが、勃起障害の治療手段として専門医などによって、きちんとした氷河化行われるようになったのはまだ近年のことです。

 

そのきっかけとなったのが陰圧式勃起補助器具です。陰圧式勃起補助器具というのは、かなり古い歴史があり、アメリカでは1910年代にすでに発案されています。

 

日本でもかつては性人向けの雑誌で売られていたようです。これが勃起に対する医療用器具としての市民権を得たのは、わずかここ10年ほどにしか過ぎないのです。

 

はじめのころは主にアメリカからの輸入品が使われていましたが、サイズが日本人に合わないことや、価格が高いなどいろいろな欠点が多く、のちに日本人抜けに改良を加えられた製品が使用されるようになってきました。

 

原理は簡単なもので、ペニスに陰圧をかけ、海綿体内に血液を充満させて、勃起状態を作るものです。原則的にはしたがってどのようなタイプの勃起障害にも有効性が体できる方法です。

 

vcd式カンキ

具体的な使用方法は、猿筒系のシリンダーの中にペニスを挿入し、ペニスの根元でシリンダーを皮膚に密着させておいて、ポンプなどでシリンダー内を陰圧にしてやるだけと簡単です。ただし、こうして生じた勃起は陰圧がなくなるとすぐに海綿体から血液が流出してしまう結果、勃起状態が消えてしまいます。

 

そこでそうならないように、ペニスの根元のところにゴムリングで締め付け、勃起状態対峙する工夫が施されています。この方法による有効率、セックスが可能な勃起が得られる確率は70パーセント以上と非常に高く、バイアグラに次ぐものです。
しかもどのような勃起障害でも同様の効果を得ることができるのです。

 

ボムリングでのペニスの締め付けを30分以内にするなど、取り扱いにさえ注意すれば副作用もほとんどナウいといっていいです。また、ほかの治療法に変更したいと思ったらいつでも変更可能です。

 

自分で触れることで老化防止

 

自分で触れることで老化防止

性欲の衰えを悩んでいる男性はとても多いと言われています。40代にもなるともう勃起機能が低下することを実感している男性も多いと思います。

 

その老化防止に効果があるとされているのが、やはり性行為を頻繁に行うことだというのです。勃起させることによって性機能の低下を抑える効果があるのです。

 

セックスレスになった人は勃起する必要がないために、その機能が弱まる傾向があるのです。勃起機能が弱まっているけれども性欲が抑えられない人は、漢方などの効能を利用することのほか、自分自身で世紀に触れることにより刺激を与えるのも効果的です。

 

小さな子供はよく自分で触っていることがあります。あれは、性機能を成長させるために本能がそうさせているという考え方もあります。大人になってからも自分で触ることによって、性機能の老化を抑える働きがあるのです。

 

性生活のパートナーがいるのなら、お願いするのが一番いいですが、勃起機能が衰えていることを伝える必要があることから、男性のプライドがそれを許さないということもあるでしょう。

 

しかしよく考えてください。そんなプライドのために性機能が失われてもいいのですが?大切なものは何なのかを良く考えて行動してください。